投稿日:2009年4月28日|カテゴリ:院長ブログ
( 時事通信より)

 世界保健機関(WHO)が豚インフルエンザの警戒レベルをフェーズ4に引き上げたことを受け、厚生労働省は28日、新型インフルエンザが発生したと宣言した。舛添要一厚労相は「正確な情報に基づき、冷静な対応を」とするコメントを発表した。
 同省はメキシコからの帰国者らに対し、検疫をさらに強化する。今後は検疫法に基づき、感染が疑われる人を施設に留め置くことになる。
 同省はメキシコへの渡航を避けることを検討するよう要請。また、マスクを着用し手洗いを行うなど、日常的な感染予防策が重要だと呼び掛ける。 








 遂にとんとん拍子で、WHOはフェーズ4へ、厚労省は新型インフルエンザ発症を宣言しましたね。 これがもし、日本からの発症であったなら、ここまで迅速な決定がされていたかどうか、、、ともあれ、やれることは、日常の予防対策を淡々と実行するだけです。これは他の感染症予防にもなるわけで、花火のように一時だけの緊張ではいけません。ノーノー

 ワクチン製造も、季節性インフルワクチンより優先して、豚インフルワクチンの製造に踏み切るとすれば、来期はかなり混乱することでしょう。まして、抗インフルエンザ薬の供給も危ぶまれます。



 ゴールデンウィーク前に、海外旅行を中止する方が増え、休日高速料金の値下げも加わり、交通渋滞はおそらくすごいことになりそうですね。

 皆様は、いかにお過ごしになるのでしょう。

 とにかく、今週の天気は日本中で晴れのようです。ラッキー


コメントする