投稿日:2009年3月24日|カテゴリ:院長ブログ

(読売新聞より)


先頭打者・イチローがセンター前にヒットを放つ


 野球の世界一を争う第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日(日本時間24日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで決勝が行われ、日本は、北京五輪金メダルの韓国を延長十回5-3で制し、2006年大会に続く連覇を果たした。

 日本は三回、小笠原道大(巨人)の右前適時打で先制。五回、韓国の秋信守(チェシンス)の本塁打で同点とされたが、七回に中島裕之(西武)の左前適時打で勝ち越し。八回には岩村明憲(レイズ)の犠飛で加点した。

 しかし、先発の岩隈久志(楽天)は八回、犠飛で1点差とされ、九回、ダルビッシュ有(日本ハム)が李机浩(イボムホ)に同点打を喫した。

 だが十回、日本は二死二、三塁でイチロー(マリナーズ)が、中前に、この試合4安打目となる決勝の2点適時打。日本代表初采配の原辰徳監督(巨人)が率いるサムライジャパンが頂点に立った。








 ちょうど往診に出かけているうちに、侍ジャパンが優勝していました。

いや~、見せてくれましたね~

まさに優劣つけ難い接戦、最後には3-3で追いつかれ、延長の上にイチローが決める! まるで、ドラマです。

ダルビッシュもあの若さで、よくあのプレッシャーの中、結果を出せたものです。

イチローもインタビューで、「痛覚では得られない痛みを感じ、それを超えることで結果を出せたことはうれしい」と、、、これは本当にすごいことです。 

原監督にしても、よくプレッシャーを克服し、日本を優勝に導いたものです。

本当に彼らはすごかった!!拍手

2 Responses to “侍ジャパンWBC連覇、延長の死闘制す…韓国に5-3”

  1. セイジ より:

    こんばんわ  久しぶりに鳥肌が立っちゃいましたね!!
    すごくいい試合でしたね。韓国はやはりレベルが高いです。
    また4年後がたのしみですね~!? 先生は球技は得意ですか??

  2. yoshioka より:

    セイジさん>

     こんばんわ~

    球技はからっきしです!(~_~;)

    学生時代から格闘技onlyです!

    本当にいい試合でしたね!

    あの場面でイチローが結果を出せたことが正にドラマチックでした!

    韓国もあんなに小さな国なのに、中身の濃い人材が多いのはすごいですよね~

コメントする