投稿日:2009年2月20日|カテゴリ:院長ブログ
(毎日新聞より)

 08年の10代のはしかワクチンの接種率が、6割前後にとどまることが20日、厚生労働省の調査で分かった。学校、大学などで流行したため、今年度から中学1年、高校3年での無料接種が始まったが、目標(95%)を大幅に下回る結果となった。厚労省は、「今年度の対象年齢の人は、4月以降は無料接種の対象ではなくなるので、早めに接種してほしい」と呼びかけている。

 はしかの予防接種は1歳時(第1期)に最初に受けることが多く、その後、小学校入学前(第2期)以降に2回目を受けることによって、免疫を維持できる。厚労省は、都道府県を通じ、2回目の接種の機会となる第2期以降の状況を調べた。

 それによると、第2期は66.4%だった。また、今年度から接種の追加対象になった中学1年(第3期)は66.1%、高校3年(第4期)は58.1%にとどまった。

 低率にとどまった背景について、厚労省は「接種を受けていない子どもの把握が難しく、周知が不十分なようだ。また、集団接種方式ではないため、クラブ活動などで忙しい児童・生徒が、医療機関へ足を運びにくい状況もある」とみている。

 国内のはしかのワクチンの接種率は約8割とされる。米国では小学校入学の際、はしかの予防接種を受けた証明書が必要なため、接種率は95%以上に達し、流行の抑え込みに成功している。それだけに、海外を訪れた日本人が感染を広げる「はしか輸出国」という批判も出始めている。









 どうしても、日本人の国民性として、流行してから慌てる、喉元過ぎれば忘れ去る傾向があるようです。ムニョムニョ
 折角の公費負担、「定額給付金」よりも、はるかにアリガタイかもしれません。 未接種で該当する方は、なるべく接種されるようご検討下さい。

 当クリニックでは、自費診療として扱っておりますので、上記期間を外れる方が対象になります。その場合はご予約の方、承ります。ニコニコ
 

コメントする