投稿日:2009年2月11日|カテゴリ:院長ブログ
 (読売新聞より)

 インフルエンザ治療薬「タミフル」が効きにくい耐性ウイルスの流行を受け、グラクソ・スミスクライン社は10日、同治療薬「リレンザ」200万人分を、フランスから日本に緊急輸入すると発表した。

 タミフルの代わりにリレンザを使うケースが急増しているのに対応するのが狙い。

 同社によると、今月中に40万人分、3月に60万人分、4月に100万人分を輸入する計画。同社は今冬の前には、300万人分を準備していたが、医療機関などからの注文が1月中旬から急に増え、在庫不足を防ぐため、先月22日から出荷量の調整を行っていた。

 国内のインフルエンザ治療薬の年間使用量は平均で、600万人分と言われており、今回の大量輸入で治療薬が不足する恐れはないとしている。

 国立感染症研究所によると、今冬に検出されたインフルエンザウイルス全体の52%がAソ連型で、その大半が「タミフル」の効きにくい耐性ウイルスという。










 インフルエンザ治療薬であるリレンザ(ザナミビル)は、これまで、同じノイラミニダーゼ阻害剤であるタミフル(オセルタミビル)の陰に隠れ、その使用量において圧倒的な差をつけられてきました。
 2004~05年シーズンの国内での処方量は、タミフルが約1000万人分であるのに対し、リレンザが約12万人分と約80倍の開きがあり、この偏りは世界的にみても同様です。
 これほどまでに使用量に差がみられる原因は、吸入と経口という剤形の違いにあると考えられます。吸入薬であるリレンザは適切な吸入方法での使用が不可欠であり、多くの患者は吸入薬には不慣れであるため、充分な説明を要しますが、経口薬のタミフルの用法に関する説明は服用時のみで良いため、その利便性から、優先的に選択される傾向にあったものと思われます。

 ですが、吸入剤であるが故に有するリレンザの多くの利点を理解しておかなくてはなりません。

 リレンザは非常に即効性があり、吸入直後十数秒で効果を示すと言われています。その理由は、ウイルスの主要な感染部位である鼻咽腔に、MIC(最小発育阻止濃度・ minimum inhibitory concentration)の1000倍以上といわれる高濃度のザナミビルが直接的に到達し、下気道にも投与量の13%到達するからです。一部分は吸収され尿中に未変化体のまま排泄されますが、その割合は8~15%程度であるため、全身臓器への影響は少なく、副作用の頻度は低いといえます。
 タミフルはプロドラッグであり、内服後肝エステラーゼによって速やかに活性物質に変換され、投与後3~4時間で血中濃度が最高に達っします。吸収率は高く、bioavailability(組織移行性)は80%ですが、気道表面に達する薬剤濃度は、直接作用するリレンザと比べ、低い点は否めません。副作用の中で最も頻度の高いものが悪心、嘔吐、下痢等の消化器症状であり、特にドライシロップ剤に関しては、嘔吐、下痢共に発現頻度が20%以上となっていますので、インフルエンザによる胃腸障害を合併している患者さまには、タミフルではなくリレンザの使用が適切であると言えるでしょう。

 日本におけるタミフルの使用量は世界第一位であり、約7割が日本で使用されていると報告されています。その使用量の多さから耐性発現の上昇が懸念され、2004年の研究調査により、日本における耐性ウイルスの発現率は18%と海外に比し非常に高率であることが報告されました。

 タミフルと比較し、リレンザの耐性ウイルスが臨床的に皆無に近い最も大きな理由は、感染部位における薬剤の濃度の違いにあると言われています。リレンザは吸入により、MICをはるかに超えた濃度で、感染部位に到達しますので、ウイルスが低濃度の薬剤にさらされることがないため、耐性化しにくいと考えられ、また、作用機序の違いも関係しているという報告もあります。両剤はノイラミニダーゼの活性部位に結合し活性を阻害しますが、その際、リレンザは酵素の構造に変化を起こさないのに対し、タミフルの場合、その結合により活性部位の構造を変化させ、新たな疎水ポケットを形成します。この機序に関わるアミノ酸残基の変異が耐性獲得につながることがわかっており、単純にはまりこむだけの機序であるリレンザと比べ、耐性化を起こしやすい原因の一つであろうと考えられています。


 長々となりましたが、やや面倒くさい吸入薬であるリレンザを、当クリニックではインフルエンザのほとんどの患者さまに処方している理由を説明させていただきました。たらーっ

コメントする