投稿日:2008年12月12日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

 ◆文科省「外遊びをしないから」◆

 視力が「1・0未満」の幼稚園児が3割に迫ることが11日、文部科学省の学校保健統計調査でわかった。



 ぜんそくの園児の割合も2・7%に上り、ともに調査項目に加わって以来、最高を更新。視力の低下はテレビやゲーム機器、ぜんそくはハウスダストなどの影響とみられ、同省は「外で遊ばず、家にいる時間が長いのが要因」と分析している。

 調査は、今年4~6月に健康診断を受けた全国の幼稚園児と小中高校生から、約330万人のデータを抽出した。

 それによると、視力が「1・0未満」の園児の割合は、前年度比2・7ポイント増の28・9%で、視力調査が始まった1979年度(16・5%)の2倍近くとなった。子供の視力の低下傾向は続いており、「1・0未満」の小学生は29・9%(前年度比1・8ポイント増)、中学生も52・6%(同1・4ポイント増)と、ともに過去最高。今回の調査では、視力低下の低年齢化がさらに進行していることを裏付けている。

 一方、ぜんそくの園児の割合は、2・7%(同0・4ポイント増)と67年度以来で最も高かった。小学生(3・9%)より割合は低いものの、この10年で倍増しており、中学生(3%)に迫る勢いで増加した。







 家に長時間いるから、、、ゲームをしているから、、、あまりに稚拙な分析のようにも感じますが、、、最近の子供は、やはり脆弱なような気もします。過保護気味なのも一理はあるでしょうが、物騒な事件も多い中、外で自由に遊ばせる環境、、、がどこにあるのか、、、それがまずは問題です。大人の社会問題が、子供に悪影響を及ぼしている、、、それを分析するべきでしょう。ノーノー

6 Responses to “ゲームのせい?園児の3割視力1・0未満、ぜんそくも増加”

  1. せおいなげ より:

    賛成ですね。

    物理的なデータの分析ではなく、マクロ視点での社会現象としてとらえなければ。

    われわれの地域でも、震災以降、復興の再開発で公園等の整備がすすめられました。

    本当は、子どもたちが外で遊ぶことができる場所がふえているはずなのに。

    しかし、場所が提供されても、人を含めた、そこを取り巻く環境が問題なのですね。

    最近の、地域の人たちや子どもたちの呼吸器疾患について少し気になることがあります。

    震災時に建物が倒壊し、復興の際にとりこわしなどで大量に粉じんがばらまかれました。

    そのなかに、アスベストなどの石綿も含まれていると思われます。

    あれから、十数年、何かの影響があらわれる時期かもしれません。

    何か因果関係はあるでしょうか・・・

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     あるやもしれませんが、10年、20年れべるとなると、本人のアレルギー素因や、その他、環境汚染、タバコの煙害などありとあらゆる要因が影響してくるでしょう。

    一概には言えなくなるでしょうね~

  3. せおいなげ より:

    ふむふむ~

  4. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     ふむふむを取られてしまいましたね~(~_~;)

  5. ケン より:

    こんにちは。

    そうですよね、子供の視力低下此れは何とかしなくては、この間目がおかしくなり眼科に行ってきましたが。かなり幼稚園や小学生の子供が親と一緒にいましたね。

    しかし視力低下もそうですが、喘息がかなり増えているとは知りませんでした。

    昔はそんなにめがねを掛けている人なんかいなかったんですがね。視力低下は現代病かもしれないですね。

  6. yoshioka より:

    ケンさん>

     初登場でしょうか?! おはようございます。

    ま~、今はファッションでメガネをしておられる場合もありますし、小児の場合は、眼鏡に憧れたりする心因性理由から、視力が不安定になることもあり、一概には言えないんでしょうが、、、

    それも含めて「現代病」と言えるのかもしれませんね!(~_~)

コメントする