投稿日:2008年12月10日|カテゴリ:院長ブログ
 (CNNより)

 鳥インフル対策でニワトリ8万羽処分へ 香港
 
 香港郊外の元朗にある養鶏場で8日、約60羽のニワトリが鳥インフルエンザで死亡したことを受け、当局は9日に約8万羽の処分を指示した。食物衛生局の周一嶽局長が記者団に語った。

死亡したニワトリはこれまでの検査結果で、H5型鳥インフルエンザウイルスに感染していたことが確認された。

当局は養鶏場の半径3キロの範囲を感染対策区に指定するとともに、もう1カ所の養鶏所に対してもニワトリの処分指示を出した。





 鳥インフルエンザで新たな死者、113人目 インドネシア

 ジュネーブ――世界保健機関(WHO)は9日、インドネシアの首都ジャカルタ東部に住む2歳女児が高病原性鳥インフルエンザの感染で死亡したと報告した。これで同国での犠牲者数は113人となった。世界最多の犠牲者。感染者の総数は139人となった。

女児は11月18日に発症、11日後に死亡した。詳しい感染経路を調べているが、鳥類の市場を訪れたことが判明している。WHOによると、スマトラ島中部のリアウ州でも9歳少女の感染が分かったが、その後、回復、退院したという。

インドネシア保健省は11月12日、ジャワ島中部スマランで入院中だった15歳少女が高病原性鳥インフルエンザの感染で死亡したと報告し、犠牲者数は113人としていた。しかし、スパリ保健相は翌日、鳥インフルエンザの感染が死因であることを否定していた。

保健相は今年6月、鳥インフルエンザ感染の犠牲者の発生を即座に発表せず、半年ごとに公表するとの方針を示していた。同国のイメージ悪化を防ぐための措置とし、代わりに政府対策の成果などを前面に出すとしていた。この方針に世界保健機関(WHO)などは迅速な対応が遅れると反発している。

同国で112人目の犠牲者が発表されたのは今年8月4日だった。保健相は過去に、インドネシアが供与した鳥インフルエンザに関するデータを使った薬剤が高価格で、経済発展途上国に十分行き渡らないことに不満を表明、データ提供を拒否したことがある。

鳥インフルエンザ感染は2003年以降、アジア中心に一気に拡大した。他国では対応策の徹底で感染に一応歯止めが掛かっているが、インドネシアでは逆に増加傾向にあり、WHOなどが包括的な対策の実施を求めている。

インドネシア政府はジャカルタでの家禽類飼育の規制を一応打ち出しているが、罰則規定が不備で徹底していないとの批判も出ている。鶏が貴重なたんぱく源となっている背景もあり、住宅地から鳥類を完全に閉め出すことが難しい状況にもある。






 鳥インフルエンザが確実に忍び寄っている感がします。
当クリニックでもインフルエンザ検出が増えてまいりました。やはりワクチンを打たれていない方がほとんどですが、中には1回は打ったけどという方もおられます。 やはり、予防に徹する以外に方法がないわけで、今出来ることをしていただきたいと思います。 当クリニックでも1月いっぱいでワクチン接種は終了するつもりですので、まだ未接種の方はお急ぎください。モゴモゴ

2 Responses to “鳥インフルエンザ関連”

  1. せおいなげ より:

    ふむふむ、なるほど。

    これで、前出の記事のインドネシアの検体・データの不提供は、地球滅亡につながる発言というわけか。

    研究できるくらいインフルエンザに関する検体があるということは、つまり、蔓延してるわけやから、優先的に安価でワクチン等を提供できないものですかね。

    失礼な言い方ですが、インフルエンザの発信源なのに優先的に対応しないのかな。

    この記事によると、薬が高いということですが・・・

    やはり、闇の権力の陰謀なのか・・・・・

    なんちゃって。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     全くです! 途上国が発信源で、世界レベルで警戒が必要なら、まずは無償でこれらの国でワクチン接種して封じ込め作戦の序章があるべきと思います。

     薬が効果で、封じ込めが進まないといって傍観している先進国は、やはり陰謀説が囁かれるのもいたしかたないのかも、、、

     しかし、せおいなげさん、、、陰謀説、好きですね~(~_~;)

コメントする