投稿日:2008年12月9日|カテゴリ:院長ブログ
 食欲の秋~鍋の季節にもなり、忘年会続きで、胃腸の状態、肝臓の状態を限界まで追い込んでおられる方も多いのではないでしょうか?

小生は普段はほとんど飲酒はしませんが、機会飲酒の際はとことん飲ませてもらいます。 その時には焼酎、日本酒、ワイン、スコッチなど何でものみます。

先日、20年近くお世話になっているお店、三宮の「よむら」さんで、店の常連客が集う、「よむら会」なる忘年会に出席してまいりました。熱燗

 この日のメインメニューの題材は~


 日本海からの10kgの寒ブリでした~





 強烈なサイズです!

片身だけでもすごい!


 


 それをどんどんさばいていきますが、おいしそ~です。






 脂の乗りが凄いです!



 アラも鍋にもちろん投入します。



 お皿に盛られると、豪快なブリも上品に!



 
 立ち杭焼の大皿に盛られたのはブリしゃぶ用!!



 圧巻です!!

 最初のお酒に選ばれたのは、佐渡の酒、北雪でした!






 お気に入りの、これも立ち杭焼のお猪口で、忘年会は始まったのでした!

まだまだこなさなければならない忘年会がありますが、肝臓と胃腸の調節をしつつ、今年を締めくくっていきたいと思います。

 ちなみに、二日酔いには黄連湯や黄連解毒湯が結構効きます。ラッキー

4 Responses to “忘年会の時期”

  1. 坊っちゃん より:

    先生、おはようございます。
    二日酔いでしょう。
    昨夜はブリの夢をご覧あそばしたのでしょう。
    よほど美味しかったとみえますね、
    ブリの“形見”と書いておられます。
    洒落てますなぁ~。

  2. yoshioka より:

    坊っちゃん さん>

     いえ、二日酔いになるほど飲んでしまうことは最近ほとんど無くなりましたね~

    これは単純に誤字でございます。

    ご指摘、ありがとうございます。ただちに訂正しました。

    m(_ _)m

  3. せおいなげ より:

    マグロのようなぶりですな。

    大将によろしくお伝えください。

    今度、漢方処方してね。

  4. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     機会飲酒ようの漢方ですね?!

    了解しました~(~_~;)

コメントする