投稿日:2008年11月17日|カテゴリ:院長ブログ
 (読売新聞より)

持続的なめまいや頭痛、体調不良などを訴える自律神経失調症患者に対し、首の筋肉の凝り、異常などを解消すると、9割以上の患者で症状が治まることを、東京脳神経センターの松井孝嘉理事長(脳神経外科)が7日の日本自律神経学会で発表した。
松井理事長は、長期に症状を訴える自律神経失調症の患者は、重い頭を支える首の筋肉に痛み、硬さなどの異常が多いことに着目。2006年~08年5月にかけて同センターに自律神経失調症で入院した265人に対し、首の筋肉の異常をなくす治療を実施したところ、92・5%が1~3か月で治癒した。

治療は、痛みや異常が首のどこにあるか36か所をチェック。それに基づいて低周波治療器、温熱療法、はり・きゅう、ビタミンB群投与などを組み合わせる。外来での治療も可能だ。

松井理事長は「自律神経失調症は30~40歳代の首の細くて長い、なで肩の女性に多い。長時間のパソコン作業などは首に負担がかかるので、15分おきに休むことが大切」と話している。





 筋・筋膜疼痛症候群という病名こそ出てきませんが、、、ここのHPにたどり着いた方なら、「あ~、あれか~」って感じでしょう。

 筋痛症は自律神経に悪影響を及ぼし、特に頸部、肩の筋痛はめまい、頭痛、微熱、倦怠感などを起こし易いのです。

 くれぐれもヘルニアなどの診断で手術なんて話になる前に、心当たりのある方は、ご相談くださいませ。たらーっ

3 Responses to “自律神経失調症 首の凝りが影響  筋肉治療で症状治まる”

  1. せおいなげ より:

    このような症状にはぜひTPBがお勧めですね。

    先生と知り合えてよかったですぅ。

    ところで、飛騨牛のおみやげは?(笑)

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     こちらこそ、お知り合いになれて感謝です。

     飛騨牛、、、おなかの中をもう通り抜けたようです!(~~;)

    「さるぼぼ」のお守りストラップは如何で?

  3. せおいなげ より:

    残念~

    もうこの世にはないのね・・・

    さるぼぼはもってますよ。

    岐阜県、嫁の実家までの通り道ですわ。

    気持ちだけ充分です!

コメントする