投稿日:2008年11月7日|カテゴリ:院長ブログ
(CareNet.comより)

 サノフィ・アベンティス株式会社は11月5日、仏サノフィパスツール社が、標準的なインフルエンザワクチンと比較して、臨床試験中の高用量インフルエンザワクチンにより、65歳以上の成人で免疫反応が増加したと発表したと伝えた。
この試験は、65歳以上の高齢者約4,000名を対象にした第III相試験で、高用量インフルエンザワクチンを2006~2007年の流行期用に製造された標準的な不活化インフルエンザワクチンと比較したもの。

主な結果としては、標準ワクチンと比較して、新しい高用量ワクチンにより、試験対象集団で3種類のインフルエンザウイルス株すべてに対する免疫反応が増加し、さらに、毎年インフルエンザワクチンの接種前に体内の防御抗体が測定可能なレベルに達していない潜在的に脆弱な参加者のサブグループでも、免疫反応の増加が観察されたという。

試験の結果は、第48回抗菌薬および化学療法に関する国際会議(ICAAC)/米国感染症学会(IDSA)の第46回年次会議で報告された。





 つまりは、現行のワクチンでは、1回よりも2回打つ方が当然のことながら、免疫が強固となるということの証明ですね!ラッキー

 もうすでにワクチン接種されている方も、可能であるなら、大人でも2~3週間開けて2回目を接種されることをお勧めします。

2 Responses to “高用量インフルエンザワクチンで65歳以上の免疫反応が増加”

  1. せおいなげ より:

    うつべし。

    保険適用するべし。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     べし!!(^_^;)

コメントする