投稿日:2008年11月6日|カテゴリ:院長ブログ
 (読売新聞より)

 様々な臓器の細胞に変化できる人の胚性幹細胞(ES細胞)から、大脳の組織を作り出すことに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹グループ・ディレクターらが世界で初めて成功した。

 新型万能細胞(iPS細胞)でも可能といい、アルツハイマー病などの原因解明や再生医療、新薬開発への応用が期待される。科学誌セル・ステムセル電子版で6日、発表する。

 研究グループは約3000個の人のES細胞を直径0・2ミリ・メートルの粒状に固め、神経細胞に変化しやすくなる成分を加えて50日間培養。粒は大きさ1~2ミリ・メートルのマッシュルームのような形に成長し、内側に胎児の大脳皮質と同じ4種類の神経細胞の層ができていた。大脳皮質特有の電気信号を出すなど、神経活動も自発的に行うようになった。

 今後、大人の大脳皮質と同じ6層構造の組織作製を目指す。笹井さんは「生体により近い環境で、薬の副作用やワクチン開発などの研究を進められる。将来は傷んだ神経の再生医療にもつながる」と話している。







 今年に入って、ドンドンこの分野が進展していますね~

 未だにアルツハイマーや、脳神経系の難病治療が進まない中、急展開の道が出来るやもしれません。

 先日、長門裕之さんの愛妻、 南田洋子さんの介護のドキュメンタリーが放映されておりましたが、正直、変わり果てた姿にショックを覚えつつ、医学の及ばない領域に、歯噛みする思いでございました!ポロリ

 あるいはいつか、本当に効果の示せる認知症の薬が開発できるのではと期待してしまうようなニュースでした。

6 Responses to “人のES細胞から大脳組織を作製…理研グループが世界初”

  1. せおいなげ より:

    待合室の「ニュートン」を見てから急に進歩があったよう感じるのは気のせいでしょうか。

    アルツハイマー病などは、人生の終焉をどのように迎えるかを大きく左右する病気ですよね。

    幸せはその人の感じ方・主観ですが、やはり、病気は治ってほしいものですね。

    ES細胞・iPS細胞を利用した再生医学。

    要注目ですね。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     実際、こんなに進歩した医療を、わたくし達、町医者レベルでは携わることは出来ませんから、ここは素人の目線で、注目しているのみですが、、、目が離せませんね~

  3. せおいなげ より:

    医者には、博士と町の先生と2種類なのですね。

    ある意味しっかり役割分担ができているのですかね~

    柔道にもオリンピック選手とわれわれ草柔道家がいるように。

    柔道に関しては役割と言われてもどうなんだか。

    ところで、明日夕方インフルワクチン注予約お願いします。

    今回は私と子どもたち2人です。(合計3人です)

    奥さんは一回でよいそうです。

    よろしくお願いします。

    TP注は来週月曜でお願いします。

    今のところ腰・肩ともにとくに異常はないです。

    両腕は時々少ししびれがあることをかんがえると、肩あたりに更結があると予想されます。

    上腕・前腕・肩甲骨あたりのマッサージで軽減されます。

    また汗かいてください。(笑)

    今、テレビで、目の不自由な家族の番組を放送しています。

    家族4人で、夫婦・長女小学生が盲目で、二女4歳が健常です。

    タイトルは「目の見えないことは不幸ではない」かなんかでした。

    只今、勇気を充電中です。

    俺ってちっぽけ過ぎることを自覚しています。

  4. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     そう、幸いにも不自由なく生まれた人が、自分を大事にしないこと、自らを傷つけてしまうこともあることに対し、憤りというか、自分の無力感というか、ましてや、不自由な中でも一生懸命頑張っておられる人を見ると、自分のまだまださを痛感させられます。

     そんな番組、やってたんですね~、、、気が付きませんでした。

     インフルワクチンの件、了解です。 一回うち、2回うち、いろんな考え方があるかと思いますし、任意のものですから、自己責任もあるなかでの接種ですので、熟考のうえ実施していただくのがよいかと思います。当方はすでに2回射ちをすませました!

  5. せおいなげ より:

    熟考のうえでの決定です。

    嫁も熟考のうえの決定です。

    よろしく~

  6. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     了解~~~

コメントする