投稿日:2008年11月4日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

 16年間、凍結していた死体から、クローン技術でマウスを誕生させることに、理化学研究所のチームが成功した。

 凍結死体からのクローンは世界初。凍結マンモスなど絶滅動物の復活が期待できるが、死体からのクローンは倫理的な議論も呼びそう。米科学アカデミー紀要に4日発表される。

 クローンは、核を抜き取った卵子に、コピーしたい動物の体細胞の核を入れ、これを代理母の子宮に移して誕生させる。凍結死体のクローンは技術的に難しく、これまで報告されたクローン動物はすべて生きた細胞から作製された。


 研究チームは、細胞を培養液内で軽くすりつぶし、核だけを押し出すように抜き取る手法を開発。氷点下20度で16年間凍結保存されていたマウスを解凍し、脳細胞や血液細胞の核を健康なマウスの卵子に注入した。この卵子から胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を作製して、細胞を増やし、その核をマウスの卵子に入れる方法で、4匹を誕生させた。

 シベリアのマンモスなど、数千年~数万年間も凍土の中にあった死骸は凍結乾燥(フリーズドライ)の状態にあるが、チームはマウスの凍結乾燥細胞からのクローンES細胞作成にも成功している。若山さんは「多くの壁はあるが、今回の新しいクローン技術は絶滅動物復活の可能性を高める。それは進化学、生物学への大きな貢献になる」と話している。






 
 シベリアの永久凍土には1万頭以上もマンモスが埋もれているということらしいですが、温暖化、凍土解凍のために、今、どんどん地表に現れてきているうようです。 いつか本物のマンモスを見てみたい。

 倫理的なことは、勝手な人間の善悪の理屈で、何が正解で、何が悪いのかは、偉い人が勝手に決めてくれるでしょうが、、、マンモス復活は子供のころからの夢です。 生きたマンモスが見れるまでは生きていたいな~ラッキー

2 Responses to “絶滅動物の復活も?凍結死体からクローン技術でマウス誕生”

  1. せおいなげ より:

    もう、社会倫理とかうんざりやね~

    結局、何でも、する人はするもんね~

    どこかで、もう一人自分がいたら・・・

    創造を絶しまする。

    (コメントで休み時間とんだ・・)

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     前にも申しましたが、、、もう一人自分がいたら、、、

     自分で自分にTPBを施行しますね!(笑)

コメントする