投稿日:2008年10月24日|カテゴリ:院長ブログ
 [HealthDayNewsより]

 ヒトの胃によくみられるヘリコバクター・ピロリ菌(H. pylori)に、一部の食道癌を防ぐ作用のあることが新しい研究で示された。ピロリ菌のCag A遺伝子陽性株を有する人は、食道腺癌になる比率が約半分であるという。
研究著者の一人で米国立癌研究所(NCI)研究員のFarin Kamangar博士によると、ピロリ菌CagA陽性株は、胃酸の産生を低下させることによって食道への酸逆流を抑え、腺癌リスクを軽減させる。さらに、胃から分泌され食欲を刺激するホルモンであるグレリンghrelinの産生を低下させることによっても効果を発揮するという。グレリンの値が低下すると、腺癌の重要な危険因子(リスクファクター)である肥満が軽減されるためである。この知見は、医学誌「Cancer Prevention Research(癌予防研究)」10月号に掲載された。

ピロリ菌は世界人口の約半数がもっているといわれ、胃癌や胃潰瘍の原因として知られている。公衆衛生や抗生物質の普及により以前ほど多くはみられなくなり、胃癌や胃潰瘍も減少している。ピロリ菌CagA陽性株も同時に減少する一方で食道腺癌が増大しており、この2つのファクト(事実)は関連しているという。食道腺癌はかつてはまれな癌であったのが、今では米国や英国などの西洋諸国で食道癌全体の約半数を腺癌が占めている。

潜在的な致死能力をもちながらピロリ菌が長い間ヒトと共存してきた事実から、「下痢性疾患や喘息の減少への寄与など、何らかの有益な効果があるのだろう」とKamangar氏は述べている。





 胃潰瘍や胃炎を繰り返す場合のピロリ菌の除菌の必要性は、定着しておりますが、特に悪さをしていないことも多い、ピロリ菌の生体内での役割についてはまだまだ研究が必要で、今回も、面白い話題ではあります!ニコニコ
 アレルギーを制御しているのではという考えは、確かにうなずけるものがあります。現代人は清潔になり過ぎたということでしょうか~

2 Responses to “ピロリ菌が食道癌(がん)を予防する”

  1. せおいなげ より:

    先日、教えてもらった話ですね!

    タイムリーな話題ありがとうございます。

    ピロリ菌の働きによっておこるデメリットばかり表面化し、ほとんどの人がよくない菌と思っているようです(私もそうでしたね)。

    確かに研究のよちありですね。

    また教えてください。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     ピロリ菌が話題になりだしたのはここ最近の話、、、それまでは知らずにいたわけです! つまり、共生にも近い状態であったわけで、、、何か意味がなければ、人類は生き残れていなかったかもしれません!

     まだまだ、分からないことがいっぱいですね~

コメントする